モノマチに行ってきました。その1

0


    日曜日、徒蔵(カチクラ)で開催されていたイベント「モノマチ」に行ってきました!
    「モノマチ」とは、200組以上のクリエイター・職人・モノづくり企業が参加する”ものづくり体験マーケット”
    モノづくりの街として、近年注目を浴びているスポット”徒蔵(カチクラ)”を歩いて、ものづくりの体験や出会いのあるイベントです。
    今回で第3回を迎え、私たちFABO.も初めて見に行ってきました!



    モノマチに参加している場所には、このノボリが目印となっていました。

    まずはJR浅草橋駅からスタート!
    歩いていると、色んな素材屋さんがちらほらと。
    途中、ちびっ子の御神輿にも遭遇したりしながら、
    たいとうモノづくり市が開催されている「イーストサイドトーキョー」へ。
    アクセサリーや皮・布小物が多い中、
    とてもかわいいモノに出会いました。


    手のひらサイズのとても小さなマッチケースみたいなハコ。
    この中を開けてみると・・・



    ジャバラ折になった本が入ってました!
    かっかわいい・・・
    絵もやさしいタッチで描かれていて、言葉も短い中にちゃんとストーリーのある絵本になっていました。
    イラストレーターと文筆家の方の2人で形成されたユニット「door220」の小箱本「haco」という作品でした。

    モノづくり市は、昨年OPENしたばかりの場所「Mirror」でも開催されていました。
    てくてく歩いて、Mirrorへ。





    こちらの会場の方が開放感がありブース数も多く、ジャンルも様々。
    服飾雑貨を始め、消しゴムはんこや陶器、ブリザードフラワーなど、作家さんとお話ししながらひとつひとつを回っていきました。
    やはり、こうやって作家さんと実際にお話しして、そのモノの裏のお話や、物語を伺えるのは、とてもいいですよね。
    モノづくり市の醍醐味。
    モノの見方も、様々な方面へ広がっていきます。

    モノづくり市を楽しんだ後は、Mirrorにあるカフェ”シエロイリオ”でランチタイム。



    ここを利用するのは2回目ですが、ごはんがおいしいです。
    ドリンクセットにしても1000円ほどで満腹に食べられるので、とってもお得。
    そしてなんといっても、この景色!



    ゆったり広々、でも活気も感じられるカフェです。
    下町のエリアにあった雰囲気ですね。

    満腹になったところで、近辺のお店もチェック。
    オリジナルのノートが作れるカキモリと皮小物のエムピウへ行ってきました。
    アウトレットとなった商品をゲット。
    オリジナルのノートも作りたかったですが、とっても混雑していたので、今回は断念。
    いつでもオリジナルノートは作れるので、また行こうと思います。

    さあ、蔵前エリアを楽しんだところで、そろそろ移動します。
    移動手段はこれ!



    つづく


    FABO.ikumi,nao


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    categories

    artist

    • nafuda_mayu.jpg
    • aiko.jpg
    • nafuda_saito.jpg
    • nafuda_shiiba.jpg
    • nafuda_michiru.jpg
    • nafuda_togami.jpg
    • nafuda_hiroko.jpg

    FABO.website





    link_banner.jpg
    link_banner.jpg
    link_banner.jpg